成長と役割

今日は午前中息子の運動会でした。

少しずつ行事を実施することができるようになって、

またそれを観に行けるようにまでなってきたことが単純にうれしいです。

小学校あがってからようやくの、初めての運動会参観。

そして、なんと息子が徒競走でまさかの(^^)一等賞!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの、ひたすら歩き続けた保育園時代と比べると成長ではなく、

これは進化かもしれません。

 

 

 

(笑われようが、次のレースが始まろうが、歩き続けた息子。)

(ちなみにこの前の年はスタートラインから一歩も動きませんでした^^)

 

 

 

先週あたりから、何を思い立ったのか、突然朝起こされ一緒に走っていたのですが、

正直本人からもそんなに競争心というものを感じておらず、

今までも、保育園、幼稚園と、そして今日だってとにかく楽しんでこいくらいに思っていたものの、

あんなに本気で走る顔を見られたのは本当にうれしかった。

 

 

殊更に競争心を煽ってきたこともなく、これからもそんなつもりはあまりないのですが、

もう十分に、親以外の周りの環境から刺激を受け、成長の糧とする力がついてきているのですかね。

 

親としての役割も少しずつ変わっていくのですね。

直接働きかけるより、環境作り、ですかね、大切なのは。

 

親として、ここぞの大事な時以外は、一歩下がりつつも、

子供が自分で何か動き出そうとするタイミングで

そっと後押しできたらいいなとは思っています。

 

朝のランニングだってつきあいますよ・・・そりゃね。

 

・・・がんばって起こしてね。

成長と役割 - 武藤英数教室