親御さまと面談をすると、

スマートフォンに関しての悩みをお持ちの方が多いです。

 

私は、スマートフォンを手にしてしまうのは、

鼻をほじるのと同じだと思っています。

 

癖です、何も意味はないのだと思います。

そして何も生まれません。

 

直せばメリットこそあれ、デメリットはないと思っています。

 

意味があって何か調べごとをしているひともいるかもしれません。

でも、

鼻をほじっている人も、

奥に何か取りたいものがあって頑張っている人もいれば、

ただ癖でほじっているいるひともいて、

周りからはわかりません。

 

そして事実、人前で鼻をほじれば笑われてしまい、

スマートフォンに時間を奪われて、様々な学習の機会を奪われている子供たちが多いのです。

 

もはや鼻血がでるだけではすみません。

 

癖は、当然繰り返されて「癖」になるのであって、

突然始まるものではありません。

その始まりの時期か、むしろ始まる前にきっちり教えておく必要があるのでしょう。

 

「癖」になってから直すのは大変です。

 

外に出ても、家に帰っても、周りがみんな鼻をほじっていたら違和感が無くなります。

同じことです。

 

世の中は、お金になるスマートフォンを癖づける施策に溢れています。

子供にとっては親の姿もその一つです。

たとえ目的あって使っていても同じなんです、子供の目には。

 

気を抜けば取り込まれます。

だから、取り込まれない人が気張っているように見えるのでしょう。

 

でもそれでもいいです。

気張っていきたいですね。

 

癖 - 武藤英数教室